読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きになる文房具

シンクステーショナリーNAKAのコラムのようなもの

「考える」ための食生活を考える

ここ最近、食事の大切さをあらためて考えています。

食事の質は健康維持はもちろんのこと、仕事中の集中力や日々のモチベーション管理にも大きく影響してきます。

パソコンのCPUやメモリが、電気が無いと動かないように、人間の脳もエネルギーが無いと働きません。

人間が食事をすると、食べ物は体内でグルコースに変化します。グルコースは血液中に取り込まれ、全身に運ばれます。筋肉や心臓、肝臓はもちろん、各種の免疫システムが正常に働くためにもこのグルコースを必要としています。

そして、考えるという行為にも血中のグルコースがたくさん必要になるといいます。脳細胞が信号を送るのに必要な物質がグルコースから作られるため、それらが不足すると人間は考えることができなくなってしまうようです。
朝食を抜いた日は、なんだか頭がボーッとしたり、判断力がにぶるのはこのためかもしれません。

ただ、なんでもかんでも食べれば良いというわけではなさそうです。白米や白いパン、スナック菓子やジャンクフードを食べると、短時間でグルコースに変化するため、血中のグルコース濃度が、一時的には上昇するのですが、すぐにまた急下降してしまいます。
仕事の合間に甘いものが欲しくなり、飴やチョコレートなどを食べると、一瞬集中力があがった気になりますが、すぐにまた欲しくなり繰り返してしまうのはこれが原因のようです。

そういったものではなく、ゆっくりとグルコースに変化する食事を心がけるようにすると、集中力を一定に持続することができるといいます。それらは低GI食品と呼ばれ、主に以下のようなものがあげられます。

・アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類
・玄米や全粒粉などの無精製穀物
・ほとんどの種類の野菜
・生の果物

これらは一般的に「体に良い」とされる食品ばかりです。白米を玄米入りのご飯に、完食のスナック菓子をナッツ類に、食後のデザートをフルーツに変えるなど、意識すれば比較的簡単に取り入れることができるかもしれません。

健康維持のためにも、脳を効率的に使うためにも、やはり今一度、食事の質を考えていきたいと思っている今日この頃です。

ネガティブな人とポジティブな人

みなさんこんにちは!はじめましての方、はじめまして〜。文具を活用し、効率よく、そして楽しみながら「はたらく」を考えるWEBメディア『シンクステーショナリー』を運営しておりますNAKA(ナカ)と申します。

thinkstationery.jp

 

ネガティヴは伝染するといいます。まわりに愚痴ばかり言う人がいたら距離をおいたほうがよさそうです。ポジティブもまた伝染します。自ら進んで前向きな人と付き合い、ポジティブな環境に身をおきたいものです。

私の周りにも、よく愚痴を言う人がいますが、決まって同じ人です。会社のこと、上司のこと、同僚のことetc…。なんだか聞いているこちらにまで嫌な気持ちが伝染して来ます。

どうやら愚痴を言っている人に限って自ら行動しないタイプの人が多いようです。

そもそも愚痴というものは、自分以外の他人に対する欲求。言っても仕方のない事を嘆く事です。あまり自分の事を愚痴る人はいませんよね。

他人の考え方や行動を変える事は難しいですし、会社や組織など大きなものを変化させるのはさらに難しい事です。
それより、一番簡単な事は、まず自分が変化し行動をする事です。

会社の仕組みに不満があるのであれば、文句を並べるのでは無く、不満がなくなるように自らで考え行動をする。上司や同僚に不満があるのであれば、自分はそんな人間にならないようにするための教訓として捉えれば立派な教師にもなります。

幸運にも私の周りには、そういった前向きに自分で行動をしている人がたくさんいます。ポジティブな思考の持ち主の会話や行動を見ていると、こちらまで前向きな気持ちになってきます。

ネガティブな人とポジティブな人、あなたの周りはどちらのタイプが多いですか?

自分を変えるには行動の連続しかない

みなさんこんにちは!はじめましての方、はじめまして〜。文具を活用し、効率よく、そして楽しみながら「はたらく」を考えるWEBメディア『シンクステーショナリー』を運営しておりますNAKA(ナカ)と申します。

thinkstationery.jp

 

何かを始めたいと思っても、なかなか始められないことってありますよね。

私もいつもそうでした。それを始めるためにはアレとコレが必要だ…自分には資格や学歴もないし…他にももっと上手く同じようなことをやってる人もいる…自分なんかにできるだろうか…やったとしても本当に意味があるのだろうか…。

などなど、考え始めるとだんだんやる気がなくなってきて、結局何もできないままです。

人間の脳は変化を起こすことを本能的に避けるようにできているといいます。新しい行動、すなわち変化するということはエネルギーを必要とし、リスクが伴います。変わらずに今のままでいることが一番安全だと本能は知っているのでしょう。

なので、何か新しいことを始めようとする時、自分を変えようとした時、脳が勝手に、次から次へと行動しない理由を並べて、自分自身を納得させてしまうのです。

なるほど、腰が重くなるはずです。

では、新しい行動がすぐにできる人はどうしているのか?そこには一つの法則があるようです。

それは、、



思い立ったらすぐ行動。



あれこれ考えていると何もできなくなります。であれば、思い立った時に、何でもいいから行動して見る。

完全でなくてもいいんです。一部分だけでも始めてみると、次にやるべきことが、見えてくる。それを積み重ねる事で、結果はあとからついてくる。と私は最近考えるようになりました。

このシンクステーショナリーというサイトもそうです。私より、文具に詳しい人は多いですし、仕事を効率良くこなす人はもっとたくさんいるでしょう。だからといって、私がこのサイトをやらない理由ではありません。私にしか書けない記事があり、それが誰かの役に立つかもしれない。そう自分を信じて一歩一歩進めていこうと思っています。

まずは思いつくままに行動する。行動した自分を認識できれば、さらに次の行動をしたくなる。何もせずにあれこれ悩んでいるより、よっぽど有意義です。

例え失敗したとしても命まで取られるわけではありませんし、次の行動の教訓として活かせばよいのです。

自分を変えるには行動の連続しかない。さあ皆さんも私と一緒に新しい事を始めてみませんか?

やりたいことをやろう

みなさんこんにちは!はじめましての方、はじめまして〜。文具を活用し、効率よく、そして楽しみながら「はたらく」を考えるWEBメディア『シンクステーショナリー』を運営しておりますNAKA(ナカ)と申します。

thinkstationery.jp

 

当ブログはこれまで、文具レビューを書いてまいりましたが、先日新サイトへお引越しをしたため、今後は私、NAKA(ナカ)の日記として、日々考えていることや、個人的な思いを綴っていきたいと思います。

 

さて、みなさんは今、何かやりたい事はありますか?夢中になって、時間を忘れてしまうほどやりたいと思える事。

 

今の時代、やろうと思えばけっこう何でもできてしまいます。ただ本当に自分がやりたことを見つけるのはなかなか難しいものです。

 

仕事に関してもそう、現代の日本ではほとんどの場合、自分で仕事を選ぶことができます。でも選択肢がふえると、逆に迷ってしまう。「これは自分の仕事ではない」、「もっと自分にふさわしい仕事があるんじゃないか」。それがゆえ、つい色んな事に手をつけてしまいがちです。

 

これは私の話です。

 

私は今、このシンクステーショナリーを運営する事がやりたい事です。これまで色んなことを考えやってきましたが、どれも自分の本当にやりたいことではないような気がしていました。

 

仕事ではホームページ製作や文章のライティング、メールマガジンの配信などにも関わってきましたし、プライベートでもワードプレスなど使ったシステム構築や、知人の依頼でホームページの立ち上げをしたりもしてきました。趣味では音楽を聞いたり楽器の演奏をしたり、文具の収集も10年以上やっています。そのほか色んなことに浅く広く関わってきたように思います。

 

そして常に仕事で感じるストレスや面倒臭さを無くしたいとか、職場の雰囲気をもっと良くしたいなど、どうせなら楽しく働きたいというようなことを思い、ファシリテーションやモチベーション管理など心理学に関する本を読んだり、勉強会に参加したりもしてきました。

 

でも、常に自分は一体何がしたいのだろうと感じていました。

 

そんなときに大好きだった祖父が病気で他界しました。しばらく精神的に辛い日々が続いたのですが、ある日ふと思いました。人生で自分に与えられた時間には限りがあります。「やりたいことをやろう」と。色々やりたいことはありましたが、限られた時間の中で、自分が今できる事といえばなんだろうと考えたとき、答えがでました。

 

「今までやってきたこと、今できること、そして今やりたいことをやろう」

 

そう思った時に、これまで考えたり、実行してきたことが不思議に結び着きました。モヤモヤしていた頭の中がスッキリとした感覚です。

 

過去の勉強会で立てていた人生の目的「未来のこども達に仕事の楽しさを伝える」にたどり着くために、まずは自分がワクワクしながら働く。しかも大好きな文具を活用して!そしてその方法を自分で考えた文章で、自分で作ったWEBサイトに載せて一人でも多くの人に見てもらう。そう全て新しいことは何一つなくて、自分が今できることです。

 

サイトにも掲載していますが、シンクステーショナリーの理念です。

「未来のこども達に仕事の楽しさを伝えるのを目的に、誰もがワクワクしながら働ける環境を作るのが将来のビジョン。そのために文具を活用して仕事を楽しいものに変換し、その方法を伝えていくのが今のミッション。」

 

水流が複数あると、水圧が同じでも、勢いがかわりますよね。ホースで水をまくとき、シャワーのように何個も出口があるものより、細い一本の出口の方が勢いよく、狙った場所に届きます。人生もそう、やることを絞ることにより、目標にも早く、正確に近づける。あれもこれもとやるのではなく、自分の今できることに全力で取り組みたい。そんなことを考えている今日この頃です。

 

まだまだサイトは未熟ですが、引き続きご覧いただけると嬉しいです。

 

※当記事はシンクステーショナリーのメールマガジン「文具で仕事にワクワクを」より一部内容を修正し転載しています。

文具で仕事にワクワクを!

みなさんこんにちは!はじめましての方、はじめまして〜。 極私的文房具レビュー日記『きになる文房具』にお越しいただき誠にありがとうございます。
 
さて、先日メールマガジンで書いたご報告をこちらにも掲載したいと思います。
今年1月にスタートしたばかりの当ブログですが、早くもここで少し軌道修正をしたいなと考えています。というのも、これまではあまりジャンルにこだわりなく文具のレビュー記事を更新してきましたが、これからは「仕事に関わる文具」に的を絞って、記事を書いていきたいと考えています。
 
なぜ「仕事に関わる文具」かと言いますと、かねてより自分のテーマでもあった「仕事をもっとワクワクしたものにする」というものを、好きな文具を活用することにより具現化できるのではないかと思い立ったからです。
これまでブログに書いたレビュー記事の中でもそうですし、自分の持っている文具も仕事効率化に関わるものや、モチベーションアップに繋がるものが多いなと、無意識ながらに感じていました。そしてそこにこそ自分が文具を好きな本当の理由があるのではないかと、それらを記事にすることにより、少しでも誰かの役に立てるのではないかと、最近考えるようになってきたからです。
 
そこで、新たに独自サイトを立ち上げ、「文具で仕事にワクワクを!」をテーマに、文具やそれらを活用して仕事を楽しむ方法などを考えていきたいとな思っています。
 

きになる文房具は「think stationery」へ移行いたします。

 
仮設状態で引っ越し作業中ですが、サイトが完成いたしましたので、もしご興味があれば、こちらもご覧いただけると嬉しいです。
 
think stationery 文具で仕事にワクワクを!

 

「すぐログ」はレオナルド・ダ・ヴィンチの思考に近づくポケットノート

こちらの記事は新サイトに移動いたしました。

thinkstationery.jp

手帳に挟んで携帯できる極薄ハサミ「はさめるシザーズ」

こちらの記事は新サイトに移動いたしました。

thinkstationery.jp