きになる文房具

シンクステーショナリーNAKAのコラムのようなもの

やりたいことをやろう

みなさんこんにちは!はじめましての方、はじめまして〜。文具を活用し、効率よく、そして楽しみながら「はたらく」を考えるWEBメディア『シンクステーショナリー』を運営しておりますNAKA(ナカ)と申します。

thinkstationery.jp

 

当ブログはこれまで、文具レビューを書いてまいりましたが、先日新サイトへお引越しをしたため、今後は私、NAKA(ナカ)の日記として、日々考えていることや、個人的な思いを綴っていきたいと思います。

 

さて、みなさんは今、何かやりたい事はありますか?夢中になって、時間を忘れてしまうほどやりたいと思える事。

 

今の時代、やろうと思えばけっこう何でもできてしまいます。ただ本当に自分がやりたことを見つけるのはなかなか難しいものです。

 

仕事に関してもそう、現代の日本ではほとんどの場合、自分で仕事を選ぶことができます。でも選択肢がふえると、逆に迷ってしまう。「これは自分の仕事ではない」、「もっと自分にふさわしい仕事があるんじゃないか」。それがゆえ、つい色んな事に手をつけてしまいがちです。

 

これは私の話です。

 

私は今、このシンクステーショナリーを運営する事がやりたい事です。これまで色んなことを考えやってきましたが、どれも自分の本当にやりたいことではないような気がしていました。

 

仕事ではホームページ製作や文章のライティング、メールマガジンの配信などにも関わってきましたし、プライベートでもワードプレスなど使ったシステム構築や、知人の依頼でホームページの立ち上げをしたりもしてきました。趣味では音楽を聞いたり楽器の演奏をしたり、文具の収集も10年以上やっています。そのほか色んなことに浅く広く関わってきたように思います。

 

そして常に仕事で感じるストレスや面倒臭さを無くしたいとか、職場の雰囲気をもっと良くしたいなど、どうせなら楽しく働きたいというようなことを思い、ファシリテーションやモチベーション管理など心理学に関する本を読んだり、勉強会に参加したりもしてきました。

 

でも、常に自分は一体何がしたいのだろうと感じていました。

 

そんなときに大好きだった祖父が病気で他界しました。しばらく精神的に辛い日々が続いたのですが、ある日ふと思いました。人生で自分に与えられた時間には限りがあります。「やりたいことをやろう」と。色々やりたいことはありましたが、限られた時間の中で、自分が今できる事といえばなんだろうと考えたとき、答えがでました。

 

「今までやってきたこと、今できること、そして今やりたいことをやろう」

 

そう思った時に、これまで考えたり、実行してきたことが不思議に結び着きました。モヤモヤしていた頭の中がスッキリとした感覚です。

 

過去の勉強会で立てていた人生の目的「未来のこども達に仕事の楽しさを伝える」にたどり着くために、まずは自分がワクワクしながら働く。しかも大好きな文具を活用して!そしてその方法を自分で考えた文章で、自分で作ったWEBサイトに載せて一人でも多くの人に見てもらう。そう全て新しいことは何一つなくて、自分が今できることです。

 

サイトにも掲載していますが、シンクステーショナリーの理念です。

「未来のこども達に仕事の楽しさを伝えるのを目的に、誰もがワクワクしながら働ける環境を作るのが将来のビジョン。そのために文具を活用して仕事を楽しいものに変換し、その方法を伝えていくのが今のミッション。」

 

水流が複数あると、水圧が同じでも、勢いがかわりますよね。ホースで水をまくとき、シャワーのように何個も出口があるものより、細い一本の出口の方が勢いよく、狙った場所に届きます。人生もそう、やることを絞ることにより、目標にも早く、正確に近づける。あれもこれもとやるのではなく、自分の今できることに全力で取り組みたい。そんなことを考えている今日この頃です。

 

まだまだサイトは未熟ですが、引き続きご覧いただけると嬉しいです。

 

※当記事はシンクステーショナリーのメールマガジン「文具で仕事にワクワクを」より一部内容を修正し転載しています。