読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きになる文房具

シンクステーショナリーNAKAのコラムのようなもの

小さな好奇心が知識の草むらに変わる付箋「GreenMarker」

f:id:kinibun:20170308002653j:plain

 
暮らしの中にユーモアを、文房具に驚きを!
池上幸志さんとオオネダキヌエさんによるクリエイティブユニット「ユルリク(yuruliku)」のつくり出す文房具は創造性にあふれている。
 
なかでもこちらの付箋「GreenMarker」は見ても使っても楽しい、文房具というジャンルを飛び出したデザインプロダクトだ。
 

f:id:kinibun:20170308002717j:plain

 

普段、読書や調べ物をした際、気になった部分にペンでラインを引いたり、付箋でマーキングをすることはよくあるが、ペンを使った場合は本を汚してしまうので私はあまり好みではない。一方付箋を使った場合はすぐにマーキングしたところにアクセスできるので便利だ。だが、本からはみ出した付箋は見た目が良くないうえ、時間が経つにつれてボロボロになってしまうのが残念なところである。

 

f:id:kinibun:20170308002735j:plain

 

「GreenMarker」は草のシルエットをした付箋紙。本のマーキング用につくられた付箋だが、そのデザインとコンセプトが面白い。本を読み進めていくにつれマーキングが集積していくと、自然に草むらが発生していく。付箋の草は好奇心の数だけ増えていき、知識の草むらはどんどん広がっていく。

 

f:id:kinibun:20170308002841j:plain

 

一枚一枚、両面にプリントが施されているので、どこから見てもその姿はまるで草のようだ。 ゆっくりとはがして、貼りつける。基本的には普通の付箋と変わらない。書き込みもできなくはないが、デザインを考えるとマーキングのみにしておいた方が良いだろう。

 

f:id:kinibun:20170308002852j:plain

 

活け花では無いので気難しく考える必要はない。思いつくがままにランダムに貼ったとしても素敵な草むらができるように考えてデザインされている。少し明るめのグリーンでたくさん貼っても心地よい。

 

f:id:kinibun:20170308002915j:plain

 

草むらが増えすぎたり、元気が無くなってきたときは剪定することもできる。笑

 

f:id:kinibun:20170308002929j:plain

 

製造はポストイットでおなじみの3M社、その信頼性は高い。2010年にリリースされたが、同年にはグッドデザイン賞を受賞、世界中からも注目を集めた。

 

f:id:kinibun:20170308002940j:plain

 

日々まったく同じことをしていても、視点を変えることで普段気づかなかったことに出会えるときがある。アイデアに行き詰まったとき、この「GreenMarker」の草むらを眺めて見ると、何か新しい気づきに出会えるような気がしている。

 

f:id:kinibun:20170308002954j:plain

 

「ゆるり」と「ゆっくり」を足して名付つけられたという『ユルリク』。忙しい現代だからこそ、ゆっくりと立ち止まり考えたりする時間が必要だと思う。使う人の心を豊かにしてくれる『ユルリク』の文房具はそんな魅力に溢れている。

 

 

<製品詳細>
◼️製品名
GreenMarker
◼️サイズ
W10mm × H90〜110mm
◼️仕様
内容:75枚(3種類 × 各25枚)/両面印刷
素材:紙
生産:日本製
デザイン:yuruliku DESIGN(池上幸志/オオネダキヌエ)
◼️価格
700円(税抜き)
◼️メーカーサイト(外部リンク)
http://www.yuruliku.com/greenmarker/